株式会社トータル保険サービス

健康経営の推進

トータル保険サービスは、社員とその家族の健康保持・増進に取り組むことが、社員の働きがいや働きやすさにつながり、その結果、仕事の生産性向上等による企業の持続的成長につながるとの考えのもとに、今般、「健康経営宣言」を策定し、「健康経営」を積極的に推進しています。

健康経営宣言

私たちトータル保険サービスは、「保険商品を通じ、お客様に『安心』と『安全』を提供する。」という理念のもと、お客様のあらゆるビジネスシーンやさまざまなライフステージにおけるリスクへの備えをトータルにサポートすることで、企業としての社会的使命の実現と持続的な成長を目指してまいります。
そのためには、まず社員一人ひとりとその家族が心身ともに「健康」であることが重要と考え、社員の「健康保持・増進」に向けた主体的な取り組みをサポートし、健康風土の醸成と職場環境の構築に努め、全社員の働きがいを高めていきます。

健康経営推進体制

「健康経営」の推進にあたっては、社長が最高責任者、人事担当役員が健康経営推進責任者となり推進します。また、実務推進の事務局として、人事部が産業医やみずほ健康保険組合と連携しながら、各種施策を推進していきます。

健康経営体制図

取り組み課題

中高年社員の健康に関する取り組み

中高年社員が健康で活躍できる職場づくりに取り組みます。

管理職・社員のヘルスリテラシー向上

管理職を含めた社員の健康への知識と意識を高め、全社員が健康保持・増進に取り組む社内風土を醸成していきます。

女性社員の健康に関する取り組み

女性社員が健康でいきいきと活躍できる職場づくりに取り組みます。

目標・実績および各種施策

トータル保険サービスは、社員の定期健康診断やストレスチェック結果のデータによる健康課題の他、当社固有の健康課題を把握し、その課題を解決すると同時に、当社の持続的成長を実現するために以下の施策を実施します。

項目 内容
中高年社員の健康に関する取り組み (1)40歳以上を対象とした週2日休肝日を推奨(「休肝日」アプリを利用した休肝日習慣付けの推奨)
(2)1日平均1万歩の運動推奨(歩数計アプリ利用による「ポイント」獲得を推奨)【全社員対象】
管理職・社員のヘルスリテラシー向上への取り組み (1)管理職・社員向け健康セミナーの定期開催
(2)「メンタルヘルスマネジメント検定」I~III種の受講奨励(通信教育受講料および検定料を会社負担)
女性社員の健康に関する取り組み (1)婦人科健診・検診への金銭的補助
(2)女性固有の健康相談窓口の設置
(3)女性固有の健康に関するセミナーの定期開催

目標・実績値

2019年度実績 2020年度実績 2021年度目標
(1)定期健康診断受診率 83.2% 99.5% 100.0%
(2)ストレスチェック受検率 93.2% 95.7% 96.0%以上
(3)適正体重維持者比率 68.6% 74.0% 74.0%以上
(4)運動習慣者比率 39.5% 41.1% 41.1%以上
(5)喫煙率 15.0% 12.3% 12.3%以下
(6)飲酒習慣者比率(※1) 54.1% 62.0% 40.0%以下
(7)睡眠による休養取得比率(※2) 50.7% 53.6% 60.0%以上
(8)乳がん検診受診率 49.7% 44.9% 50.0%以上
(9)子宮がん検診受診率 42.6% 39.0% 50.0%以上
(10)女性固有の健康セミナー参加率 ― (新規取組事項) ― (新規取組事項) 50.0%以上
(11)メンタルヘルス不調者(長期欠勤)割合 0.9% 1.1% 0.7%以下
(12)管理職・社員向け健康セミナー参加率 ― (新規取組事項) ― (新規取組事項) 50.0%以上

※1 飲酒習慣者率頻度が時々または毎日の1日当たりの飲酒量が清酒換算で2合以上の人の割合(40歳以上対象)

※2 睡眠により十分な休養がとれている社員の割合(40歳以上対象)

健康経営 戦略マップ