株式会社トータル保険サービス

キャリア形成

教育制度

研修体系

研修体系(新卒総合職)

トータル保険サービスでは、若手社員の成長こそが会社の成長の源泉であるとの考えに基づき、若手社員の育成に力を入れています。
新入社員には2年間の基礎教育の期間を設け、入社1年目を基本的な事務知識と営業活動の基本を身につける期間、入社2年目を各配属部署で経験を積みながらスキルアップを図る期間と位置付け、金融や保険の勉強をした経験がない新入社員でも着実に成長できる環境を整えています。

研修体系(新卒総合職)のイメージ図 研修体系(新卒総合職)のイメージ図

新入社員研修

研修フロー 研修フロー

入社時研修

新入社員は入社式当日から約1ヵ月間の集合研修に入ります。研修では役員や部長から直接当社の業務について講義を受け会社や仕事に対する理解を深めるほか、基本的なOAスキルの修得や情報管理等の社内ルールの修得、資格試験合格に向けた生保・損保の基礎知識の修得等を目指します。

入社時研修写真

外部研修

入社時研修の一環として外部研修にも参加します。外部研修ではビジネスマナーやコミュニケーションスキル、仕事の進め方など社会人の基本について学習します。

実務研修

新入社員研修を終えると、各部署に分かれて研修を行い、実務を経験しながら職場の雰囲気や仕事にも慣れて行きます。

実務研修写真

OJT

その後、各部署に配属となり、配属先の部署で経験を積んでいきます。配属先では、先輩社員の仕事のサポートや、先輩社員と同行してお客様を訪問しながら営業の基本を身につけ、上司や先輩の指導やサポートを受けながら、2年間をかけて一人前の営業担当者を目指します。

OJT写真

3~7年目研修

OJT期間の終了後も、実務知識については日常業務の中で常に最新の知識の修得を行います。また、実務知識とは別に、ロジカルシンキング、コミュニケーションスキル、リーダーシップ等のヒューマンスキル向上に関する研修を入社7年目までの期間、定期的に行います。

3~7年目研修写真

スキルアップ支援

トータル保険サービスにとって、社員一人ひとりが最大の財産です。お客様に常に質の高いご提案を行うためにも、社員一人ひとりのレベルアップが欠かせません。トータル保険サービスでは、意欲ある社員の知識修得に向けた自己啓発を全面的にバックアップしています。(職種により内容は一部異なります)

スキルアップ支援写真

資格取得奨励制度

  • 生命保険、損害保険、FP等の資格取得について、教材費用・受検費用を会社が負担します。
  • 会社が指定する資格取得について、試験に合格した場合に会社が報奨金を支給します。

通信教育補助

  • 毎年人事部が選定する通信教育約40講座を自由に選択することができます。
  • 受講を終了した場合には、受講料を全額会社が負担します。
  • 通信教育はFPや年金に関する知識修得のほか、法務・税務・コミュニケーション・リーダーシップ・PCスキル等、幅広く選択することができます。

トレーニー制度

総合保険代理店の仕事は、お客様の課題やニーズと保険会社・保険商品とを結びつける仕事です。親密な保険会社への6ヵ月間のトレーニーを通じて保険会社の仕事についての理解を含めることにより、より的確にお客様のニーズに対応する力を身につけることができます。(新卒総合職)

トレーニー制度写真

キャリア開発プログラム

総合保険代理店として、生命保険・損害保険・医療保険など、全ての分野の保険を取扱っている当社には幅広い仕事のフィールドがあります。若手社員には、さまざまな経験を積みながら管理者層を目指すキャリア開発のプログラムを用意し、仕事を通じて着実に保険のプロとして成長できる環境を整えています。(新卒総合職)

キャリア開発プログラムのイメージ図 キャリア開発プログラムのイメージ図