トータE欷吋機璽咼
会社案E お問い合E
生命保険自動車・バイク保険旅行・レジャーの保険法人のお客様
Q&A  
question&answer
ご契約にあたって

Q1:

健康診断で血圧が高いと言われましたが、生命保険に入れるでしょうか?

A1:

ご契約にあたって、保険会社でお客様の健康状態を告知や診査によって確認させて頂きます。その際、健康状態によっては割増保険料を頂いたり、所定の期間内(最長5年)に死亡または高度障害状態になったときに、経過年数に応じて死亡保険金の一定割合を削減して支払うこととしたりといった条件付でご契約頂く場合があります。また、ご契約頂けない場合もあります。詳細は、お気軽に弊社までご相談下さい。

Q2:

高齢者でも生命保険に入れますか?

A2:

保険会社や保険種類などによって異なりますが、一般的には70歳までならほとんどの保険に加入できますし、最高80歳位まで加入できるものもあります。詳細は、お気軽に弊社までご相談下さい。

Q3:

クーリングオフ制度はありますか?

A3:

保険契約にも、消費者保護の観点から、クーリング・オフ制度が導入されています。契約の申込日からその日を含め8日以内であれば契約の取り消しができることとなっています。ただし、契約期間が1年以下である場合には、クーリング・オフができないのでご注意下さい。
ご契約後の変更手続きについて

Q1:

引越しをしたら・・・

A1:

引越し等でご住所が変更になった場合には所定の書類で、住所変更手続を行う必要があります。まずは弊社までご連絡ください。

Q2:

保険証券をなくしてしまったら・・・

A2:

保険会社所定の手続を取れば、保険証券の再発行が受けられます。また、事故が発生した場合でも、お客様の本人確認ができれば、保険金の支払手続が可能です。まずは弊社までご連絡下さい。

Q3:

解約したい時は・・・

A3:

保険会社所定の書面による通知をして頂く必要があります。まずは弊社までご連絡下さい。

Q4:

車を買い替えたら・・・

A4:

保険会社所定の書類により手続きをして頂く必要があります。保険料を追徴または返戻させていただく場合があります。お手続をしなかったり、追加保険料のお支払がなかったりした場合、事故が発生しても保険金が支払われない場合もありますのでご注意下さい。
事故が起きた場合の手続きについて

Q1:

自動車事故の場合

A1:

負傷者の方がいる場合、救急車の手配等、適切な対応を行い、事故車両を安全な場所に移動して二次災害を防ぎましょう。その上で、警察への連絡と弊社または保険会社への連絡を直ちに行ってください。示談をされる際は必ず事前に保険会社の了承を得るようにして下さい。

Q2:

ご自宅や家財が火災や災害に遭ったら・・・

A2:

直ちに弊社までご連絡ください。連絡が遅れると保険金の支払が遅れたり、支払ができなかったりすることもありますのでご注意下さい。 保険金のご請求にあたっては、保険会社所定の書類が必要になります。書類は保険会社や保険の内容、事故の形態によっても異なりますので、弊社までお問い合わせください。

Q3:

万一の事故でケガをしたら・・・

A3:

万一の事故でケガをしたり、お亡くなりになったときには、まず、可能な限り迅速に事故の状況やケガの程度を弊社までご連絡ください。連絡が遅れると、保険金が支払われないことがあります。 保険金の請求にあたっては、保険会社所定の書類が必要になります。ご連絡を頂くと、所定の書類をお届けします。必要な書類は、保険会社や保険の内容、事故の形態によっても異なりますので、弊社までお問い合わせください。

Q4:

社外の相談機関

A4:

そんぽADRセンター
損害保険に関する一般的な相談や、自動車保険・自賠責保険の保険金請求に関する相談等を受け付けています。 また、そんぽADRセンターの所在地以外の地域では、出張相談を実施しています。

財団法人交通事故紛争処理センター
事故に遭われた当事者の面接相談を通して、弁護士や法律の専門家による交通事故の相談・和解のあっ旋・審査を行います。
当事者間において、損害賠償などの問題について解決が図れないときに、公正・中立の立場で、無償で紛争解決するためのお手伝いをする公益法人です。

財団法人日弁連交通事故相談センター
日本弁護士連合会が設置した財団法人で、現在、全国162ヶ所の相談所が開設されています。そのうち39ヶ所で示談あっ旋業務を行っています。
Copyright 2001 Total lnsurance Service Limited. All rights reserved.